肉のおいしさや、やわらかさを引き立ててくれるのは脂です。豚肉の脂は溶ける温度が牛肉などよりも低く、33℃~45℃と人間の体温に近いので、舌ざわりが良く感じられます。豚肉がさめてもおいしく感じられるのは、この脂の溶ける温度が低いためです。
赤身は、淡いピンク色で、つやのあるもの。脂は、白または乳白色をしたもの。肉質は、表面のキメがこまかくてなめらかなものを選びましょう。
疲労回復効果のあるビタミンB1が、肉類の中ではもっとも多く含まれていることです。また、豚の内臓類、特にレバーには目や皮膚、粘膜の健康に効果のあるビタミンAとビタミンB2が多く含まれています。
つきたてのお餅みたいにもちもちとした歯ごたえがあり、昔から柔らかくおいしい豚肉を「もちぶた」と呼んでいました。また「和豚」には、日本人の嗜好性に合ったおいしい豚肉という意味もこめられています。
「和豚もちぶた」への思いをひとつにする全国のグローバルピッグファーム契約農場で育てられています。豚は繊細で衛生環境の影響を受けやすいため、各種農場には専属の養豚専門獣医が定期的に訪問。豚たちの健康をチェックし、最良の飼育環境条件を整えるアドバイスを行っています。
カロリーとアミノ酸バランスが豚にとって最もよい米国産トウモロコシと大豆ミールを飼料とし、豚の成長過程に合わせて配合を変えています。出所のわからない作物は使わず、また原料価格の高低に左右されることなく、常に厳選された飼料を食べさせています。
こちらからお店を検索できます。
(グローバルピッグファーム株式会社のホームページにジャンプします)